転職エージェントおすすめは?評判は本当?【比較ランキング】

転職活動を短期間で行うコツってあるの?【時期や方法とは?】

赤文字

me

転職活動のスタートは、転職エージェントと転職サイトの登録から始まります。

転職エージェントは、ホームページから登録を行ない、その後、エージェントに出向いて面談を行なったり、電話でヒアリングが行われたりします。

転職サイトの場合も、まずはサイトに自分の情報やこれまでの職務経歴を登録して、自分が面接を受けたいと思った企業に応募する・・・

という流れになっています。

転職サイトはそうでもありませんが、転職エージェントは数えきれないほどあるので、わたしは知名度が高い会社に絞って登録しました。

(わたしが登録した転職エージェント)

●マイナビエージェント
●リクルートエージェント
●JACリクルートメント
●パソナ
●アデコ
●パーソルキャリア

(転職サイト)

●リクナビNEXT
●マイナビ転職
●エンジャパン
●@type
●イーキャリア

転職エージェントも転職サイトも、

「求人案件数が圧倒的に多い」

「知名度が高い」

という2点を重視して選びました。

ただし!!

これだけでは安心できませんし、

実状は大違いという可能性もあるので、きちんと自分の目で確かめてきた内容を、みなさんに情報をお伝えします!

もちろん、評価できる点はきちんと評価しますし、マイナスポイントは厳しくダメ出し!
(企業を紹介してもらう立場で、偉そうなことは言えませんが・・・)

とにかく、みなさんの転職活動に役立てるよう、取材してきました!!

 

ネットの口コミも検証!

2-2

転職エージェントに関しては、実際に対面してサービスを受けるので、本当に信頼できるサービスを提供しているかどうか、体験してみて分かりました。

そこで、面談に行く時はインターネットに書き込まれている口コミや評判などもチェックして行くことにしました!

有名な会社だからといって、最初から信用するのは危険ですし、意外なメリット、デメリットもあるでしょうから。

参考までに、ネットの口コミをいろいろと調べてみたら

■ リクルートエージェントはサポート◎なのに、紹介案件は今ひとつマッチしない

■ JACリクルートメントは、コンサルタントが多すぎて、情報が混乱する

■ パソナでは、正社員を希望しているのに、派遣の案件を勧められた

などなど・・・。

もし、これらの転職エージェントで満足のゆく転職活動ができなかったら、中小の転職エージェントにまで幅を広げてみるつもりでした。

 

エージェント向けの職務経歴書を!

gazou6

転職活動に履歴書と職務経歴書が必要なのは当たり前のことですが、履歴書はいいとして、

「転職エージェント向けの職務経歴書」
を作りましょう!

なぜエージェント向けの職務経歴書かというと・・・・・、

エージェントではこちらが提出した職務経歴書を見て、スキルや能力(これをスペックと言うらしいです)を確認して、自社で紹介できる案件があるかどうか、すぐに判断するそうです。

つまり、エージェントのホームページに自分が応募したいと思った会社の求人情報が載っていたとしても、そこを通すのはエージェントの判断になるんです。

したがって、まずはエージェントの目に留まる職務経歴書を作らなくてはなりません。

職務経歴書の内容は、経験してきた職種や業界によって異なってくるとおもいますが、下記のようなことが大事だそうですよ。

・在籍した会社で、具体的にどのような実績を挙げたのか

・その会社で困難に直面した時、どのような努力をしてきたのか

・自分がどのようにスキルアップしていきたいのか

・今後は、どのような仕事に就いてステップアップ(これをキャリアパスと言うらしいです)したいのか

・どうして転職することにしたのか

スペックとかキャリアパスとか、聞いたことはあるけど意味が分からない用語が多くてわたしも戸惑いましたが、まぁ、この2つは覚えておいて損はないでしょう。

こうした点をしっかりとまとめて、分かりやすく書くことが重要です。

ただし、長文になりすぎるのもよくないんだとか…。

 

履歴書は正確に書く!

履歴書に関しては、エージェントに提出する時点ではそんなに気を遣う必要がありませんが、大学の学部、卒業年月、在籍した会社の入社月、退職月はきちんと調べておきましょう。

和暦と西暦が混在すると、どっちが何年だかわからなくなることがありますが、インターネットなどをみると照合表がありますので、こちらを参考に。

あと、エージェントの話では、

本当は大学を出ていないのに「大卒」と偽って応募する人もいるようです・・。

企業によっては、応募資格が大卒になっていることが理由らしいのですが、

こうした学歴詐称を行なうと、

それがばれた時、エージェントから損害賠償金を
請求されることがあります。

企業との面接を無事にクリアして入社が決まってホッとした時、大学の卒業証明書を用意してくださいと指示されるケースが多いので、履歴書に記載する情報は正確に行ないましょう!

 

転職サイトは情報更新日をチェック!

転職エージェントと同時に利用したい転職サイト。こちらは、毎週多くの企業が多くの求人広告を掲載して、その中から自分に合う会社を選ぶという流れになりますが、

point001

人気の高い企業だったら、募集開始からあっという間に応募者が集まり、応募が締め切られるケースがあります。

もちろん、企業の人事担当者は申し込み順に応募者の履歴書や職務経歴書をチェックしてゆきますので、1分1秒でも早い応募が大切です。

そのために、自分が希望する業種や業界、希望給与、勤務地などを設定しておいて、必要な情報だけを検索できるようにしておきましょう。

できれば、情報が更新されたらメールでお知らせしてくれるような設定にしておいて、メールが着たタイミングですぐにパソコンやスマホで案件チェックができればいいですね。

そして、少しでも気になったら、応募しておくことをおすすめします。

転職エージェント経由で企業に応募するのと違って、キャンセルは気軽にできますから!

それと、企業の担当者が履歴書をチェックして、サイト登録者に直接アプローチする「スカウト機能」の登録もお忘れなく!

 

履歴書も職務経歴書も印刷物でOK!

gazou11

これは、今回の転職活動で驚いたことのひとつなのですが、

最近の企業の面接というのは、履歴書や職務経歴書を手書きの物で提出する必要はないんです!

こちらとしては、手書きのほうが誠意があるし、こちらの想いが伝わるのでは・・・

なんて考えてしまうのですが、写真も含めてワードやエクセルで作ったドキュメントでOKでした。

まぁ、データでOKの書類だったら、書き直しやブラッシュアップがしやすいですし、いちいち写真を取る必要もないので、慣れてくるとかなり便利に感じましたけどね(笑)

 

転職活動は計画的に!

2-1

わたしは今回、6月~7月にかけて転職活動をして、新しい職場で8月から働くことになりました。

この時期というのは、ボーナスをもらった後に退職する人が多い時期なので、求人案件も多かったです。

同じように、1~2月も求人案件が増える時期です。

ただし、企業の求人活動がひと段落する時期もあるので、それを考えて転職活動をする必要もあるな、と感じました。

具体的には、年末年始、3~5月というのは、案件が極端に少なくなります。

特に4,5月は、人事担当者が新入社員の研修に時間を取られたり、新年度に入ったばかりの企業が多いため、1年で一番求人数が少ない月になります。

会社都合など、雇用保険がすぐに出る状況で退職する人はいいですが、そうでない人は無収入の期間ができて、長期化する恐れもありますので、転職活動のスケジュールを考えて、エージェントや転職サイトの登録も、転職中に行うとよいですよ!

 

人気転職エージェントランキング

マイナビtop

osusumemainabiagent

botanmainabi


パソナtop

osusumepasona

ボタンパソナ


リクルートエージェントtop

osusumerecruit

ボタンリクルート


TOP > 転職成功させるために > 転職活動を短期間で行うコツってあるの?【時期や方法とは?】