Q&A

転職ならハローワークがよいの?【転職サイトや転職エージェントとの比較】

faqq

転職活動をするにあたって、あらためて手段とのそのメリットを教えてください!

やっぱりまずはハローワークですか?転職サイトも押さえたほうがいいんでしょうかね?

何が違うんでしょう?

【30歳 男性】


faqa

ご質問ありがとうございます。

就職活動をするには、友人、知人からの紹介や、企業のホームページから直接申し込むといった手段以外には、3つの方法があります。

それぞれのメリットデメリットを紹介してみますね。

 

【①ハローワーク】

■メリット

・自宅のパソコンで毎日新着案件が見られる

・雇用保険を受給している人であれば、再就職手当がもらえる

 

■デメリット

・求人広告を出す費用がない企業が多いため、給料が少なく福利厚生が充実していない企業が多い

・ハローワークでは企業の詳しいチェックを行わないので、中には詐欺行為などを行っている企業もある

・企業の面接に行く時は、必ずハローワークに行って紹介状をもらわなくてはならない

また口コミでは、ハローワークの求人案系にはブラック企業もまぎれているという声もあります。おおむね大丈夫かと思いますが注意してほしいと思います。

ブラック企業の見分け方は?転職エージェント紹介【ヤバい求人文言】「転職したらブラック企業だった!」「悪質な会社に入って後悔しないためにできることは?」「ブラック企業を見分けることってできる?」というご...

 

【②転職サイト】

■メリット

・パソコンやスマートフォンから、気軽に応募できる

・案件には誰でも応募できる

・掲載されている企業の数が比較的多い

 

■デメリット

・登録者が多いので、条件のいい案件や有名企業の案件は書類選考通過率が1%以下になる事も

・年齢が高くなると、案件の数が少なくなる

 

【③転職エージェント】

■メリット

・案件数がかなり多い

・企業の情報をかなり詳しく聞ける

・企業ごとの面接対策や履歴書づくりをサポートしてくれる

 

■デメリット

・複数の転職エージェントが、同じ案件を持っているため競争率が激しい

・転職エージェント、さらには担当のコンサルタントの質が違うので、当たり外れも。
・希望する案件があっても、転職エージェント内で選考が行われ、応募できないこともある

効率と自分の条件とのマッチ度を考えると、転職サイトとエージェントを併用するのが一番の近道だと思いますよ。

サイト管理人ジョー

人気転職エージェントランキング

マイナビtop

osusumemainabiagent

arrow


パソナtop

osusumepasona

arrow


リクルートエージェントtop

osusumerecruit

arrow

マイナビエージェントに登録