転職エージェントおすすめは?評判は本当?【比較ランキング】

セクハラやパワハラは転職理由で話すべき?!【前職退職の伝え方】

faqq

わたしは前職で、ひどいセクハラに悩まされていました。

そのことを別の人に相談したら、今度は上司にパワハラを受けて、自分の意思に反した退職をさせられてしまいました。

本当にわたしに非はないので、こうした事情を面接で伝えるべきでしょうか?

【26歳 女性】


faqa

回答から言いますと、セクハラ、パワハラといったことが事実であっても、退職の理由として履歴書に書くべきではないですし、面接の場でも、一切、話すべきではありません。

こんなことを言ってしまうと、とても不合理だと感じてしまうと思いますが、面接官の中には、セクハラやパワハラを理由にして退職する人を良しとしない担当者がいることがあります。

その理由は

「自分なりの解決策を見いだせなかったのか」

「会社に対して訴えることはできなかったのか」

など、声には出さなくても、心の中で考える人はいるかもしれません。

不合理だと感じてしまうかもしれませんが、そう考える人もいるのが現実です。

それであれば、まずは、自分が在職していた会社での実績にだけ注目して、面接でアピールできるポイントを探しましょう。

そして、自分を成長させるためにスキルアップを実現するために御社に応募した、という流れを作りましょう。

そして!

「その努力の中で、耐えがたい辛さを乗り越えて、目標達成した!!」

と強烈にアピールしてみてはいかがですか?

面接官はきっと

「その耐えがたい辛さとは?」

と聞いてきますので、ここで初めて

「セクハラやパワハラに遭いました、それでも我慢して、自分の仕事を完遂した!」

などと伝えれば、プラスに転じるでしょう!

【サイト管理人 agent-joe】

人気転職エージェントランキング

マイナビtop

osusumemainabiagent

botanmainabi


パソナtop

osusumepasona

ボタンパソナ


リクルートエージェントtop

osusumerecruit

ボタンリクルート


TOP > 転職エージェントQ&A > セクハラやパワハラは転職理由で話すべき?!【前職退職の伝え方】